心旅で飛鳥

NHKBSで、日野正平さんのチャリンコ旅「心たび」秋編が始まりました。正平ちゃん、すごいねー、ライフワークだね。今回は奈良。飛鳥、と言うことで楽しみにみました。BS1では、日ハムが優勝かけて大谷君が投げてます。困るわー。
飛鳥には、もう30年くらい前、ほんとに若かりしときに行ったことがあります。岡寺、飛鳥寺、石舞台、いろいろみて回りました。高松塚古墳なんて、まだそんなにすごい遺跡だと思われてないころで、近くまで入ってみました。だれもいませんでした。坂船石も、なんだかわからなくて。
甘樫丘に上って三輪山や畝傍山を見て、万葉の時代に浸りました。ほんとに懐かしい。で、今回の目的地は岡本寺、ですって。岡寺へ行く途中の小さな寺。正平さんがチャリオと行きます。でも、昔はこんなに舗装されてなかった。
私が行った頃は、なんだか野っぱらのあぜ道だった気がします。飛鳥も現代的になったのかしら。岡本寺は、ほんとに小さな寺でした。「天智天皇、岡本宮跡」という看板が映りました。飛鳥、ていうと聖徳太子、と思うけれど、このあたり複雑なんですね。日本史でも、宮がくるくる変わって苦労するわ。
天智のあと、近江大津宮になって、それから天武天皇になって飛鳥浄御原に遷都して。奥さんの持統天皇が後を継いで。そしたら翌日の新聞に藤原宮跡の発見が。そうそう、それからまた橿原に遷都よ。ああ、ややこしい。悪夢の日本史テストを思い出しました。